AWS構築事例/EDIシステムインフラ基盤

  • HOME »
  • AWS構築事例/EDIシステムインフラ基盤

AWS構築事例/EDIシステムインフラ基盤

従来EDIシステムはJCA、全銀等の公衆回線を利用したデータ交換を多く利用していましたが、2024年のISDN回線廃止を受け、インターネットプロトコルを利用したデータ交換への移行が進んでいます。
公衆回線を利用するためオンプレミスにシステムを導入するケースがほとんどでしたが、上記背景を受けEDIシステムをクラウド基盤に導入しやすい状態となりました。クラウド基盤のメリットを生かせるよう新基盤にはAWSを選択し、EDIシステムを構成することになりました。

AWS選択理由

  • インフラ基盤導入までが短い (決定からサービスインまでのリードタイム)
  • 取引先増加による拡張が予想されるが、スモールスタートができ、拡張性に優れている

利用環境

AWS
VPC, VPN Gateway, EC2, S3, CloudWatch
MW
ACMS Apex, HULFT

構成概要

EC2を利用してACMS Apexマスターノード兼管理DBとスレーブノード(通信サーバ)を用意し、EDIシステムを構成。基幹システムとはHULFTを利用してデータ連携を実現。
従来の全銀TCP/IPのデータ通信も存在するので、VPN Gateway経由でオンプレミスのダイアルアップルータを利用できる状態にしている。
バックアップにはS3ストレージを利用し、CloudWatchによるインフラ基盤の監視も実施。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5155-6260 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP